スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジャニーズ「グループ格差」の現実、あのグループは需要がない!?その真実は・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジャニーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジャニーズ事務所から『SmileUp!Project』の一環として『Johnny‘snetオンライン』大規模なライブを配信すると発表がありました!

「Johnny‘s World World Happy Live with YOU」と題されたこの企画、もう今から楽しみで仕方ないです♪

ただ、今回はどのようにグループ分けされたのか、その意図がちょっと気になるところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

各グループの出演日

☆15日
「SPECIAL Happyダイジェスト」(無料配信)

☆16日
V6、嵐、King&Prince

☆17日
KAT-TUN、関ジャニ∞、SexyZone

☆18日
NEWS、Hey!Say!JUMP、ジャニーズWEST

☆19日
Kis-My-Ft2とA.B.C-Z

☆20日
ジャニーズJr.からTravisJapan、HiHi Jets、美 少年、7MEN侍、少年忍者、宇宙Six、

☆21日(最終日)
KinKiKids、SixTONES、SnowMan

価格

ジャニーズファミリークラブ限定の1日視聴券は2500円。
一般オンラインの1日視聴券は3000円。
収益は『SmileUp!Project』を通じて、医療従事者向けの支援活動に役立てるということ。

一番の注目はあのグループの共演

V6と嵐は、嵐がデビュー前にV6のバックダンサーを務めていたことから、今でも非常に仲良しです

また嵐とV6の共演が見えるのは嬉しいですよね!今でも20周年ライブの共演はDVDで見返したりします。個人的に井ノ原くん、岡田くんと翔くんの絡みは好きです。

20周年ライブで嵐や見に来ていたジャニーズメンバーがステージに登場した時のコメントで櫻井くんは「僕ら、完全にV6チルドレンですので」と発言。ニノも「僕らの青春はすべてV6にあります」と、V6への思いを告白していました。

また井ノ原くんが櫻井君に告白して振られるという場面もありました(笑)本当に仲のいい先輩後輩グループですよね。

「V6と嵐という大先輩と並んで、初日を任されたKing&Princeについては、嵐の活動休止後“ポスト嵐”として事務所に期待されていることから、“現在のエースから次世代エースに引き継ぐ作戦?”と1部のファンの間では囁かれています」(芸能記者)

岡田くんは後輩のおしりチェックが趣味なので今回はキンプリに新たな犠牲者が出る可能性もありますね(笑)

他グループの関係性は

18日に出演するHey!Say!JUMPとジャニーズWESTは、共にグループとして初めて『オールナイトニッポン』のパーソナリティーに挑戦することが、8日に発表されている。また、最終日を飾るSixTONESとSnow Manは、2020年1月にジャニーズ史上初、2グループ同時デビューし、注目を集めている。

エビキスの組み合わせはJr.時代からのファンにとっては嬉しい組み合わせじゃないでしょうか?デビューしてからは共演する機会も減ってしまったように感じるので、久々の2グループ、どんな絡みが見えるのか楽しみです。

また、最終日のキンキとスノストの組み合わせ。このグループは共演というか、そもそも面識はあるのでしょうか・・・

どんな会話や絡みが見られるのか今から注目ですね!

芸能記者の見解

「他のグループ同士は、特に深い関係性があるわけでもありませんが、今回の配信ライブで新たな推しメンが見つかる可能性もありますよね。グループの年代もうまくバラけていますし、たとえばV6のファンがキンプリにハマるなんてこともあるかもしれません。こういった配信ライブならではの楽しみが広がりそうです。複数のグループを応援しているファンは、視聴券を何枚も購入することになりますから、”チケット代が高くなっちゃう”と嬉しい悲鳴をあげているようです」

「需要ない」と指摘されたグループ、格差問題

残念ながらKis-My-Ft2とA.B.C-Zの2グループが出演する19日については「しょぼすぎる」という厳しい意見が・・・

「“エビキス”の組み合わせについては、“どういう企み?”“需要ない”などの否定的なコメントが少なくありません。Jr.時代は、2グループの人気は同じくらいでしたが、デビューしてからA.B.C-Zはずっと人気に伸び悩んでいる感がある。今回の組み合わせについても、実力の差、人気の差から“エビキス格差”と一部のファンの間では指摘されているんです。キスマイファンの中には、“エビキスを引きずってるのって、エビ担だけでしょ”“せっかく新しいファンをつくる機会なのに、もっと売れてるグループとくっつけてほしかった”など、A.B.C-Zとの共演を残念に思っている人も少なくありません」と芸能記者が発言していますが、

A.B.C-Zはこれまでも結構苦労してるんです。

後輩にあたるHey!Say!JUMPにデビューで先を越され、さらにJUMPデビューの際に共にバックダンサーを務めたジャニーズJr.時代の同世代であるKis-My-Ft2もエビの前年(11年)にデビュー

信頼していた仲間の追い越しは、けっこう辛かったんじゃないかと・・・ 

同じ舞台で主演を張り、同じ先輩のバックダンサーを務めていた両グループ。

プライベートでも仲良しで、エビの河合郁人はキスマイの北山宏光、藤ヶ谷太輔と親密。またエビの塚田僚一はキスマイの宮田俊哉と仲良しと、いろんな組み合わせで交流が深いんです。

それだけに、キスマイのデビューはヘコんだらしく、エビの橋本良亮はシャワーを浴びながら号泣したとか。河合くんは酒に逃げたとか当時いわれていました。  

デビューしてからもなかなかファンクラブ会員数も増えずコンサートの規模などもキスマイと比べるとかなり差があるんです。

2020年現在ファンクラブ会員数

A.B.C-Z : 68,000人

Kis-My-Ft2 : 485,000人

このようにファンクラブ会員数でもかなりの差があるんです・・・

しかし、”エビキス”の共演を喜ぶ声も

「他の日程は全て3グループ出演なのに、エビキスの日だけ2グループ出演です。

そのため、“曲数多いといいな”“最後にコラボあるかな?”など、期待の声も。デビュー前の2008年には2グループで横浜アリーナでコンサートも行っています。

当時からのファンの中には

「私たちの青春!」

「この2組が同じステージに立ってくれるなんて胸熱すぎる」

など、久々のエビキス共演を心待ちにしている人も少なくありません。

いずれにしても、このライブ配信で先輩グループ、後輩グループ、同年代グループなど、どのような共演、絡みが見えるのか楽しみで今から待ち遠しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました